天気予報を見る
 
新聞購読申込

被災地の子どもを東京五輪に招待/東北3県と熊本、都が方針

2019/02/07 19:28

 東京都は7日、2020年東京五輪・パラリンピックに、東日本大震災で大きな被害を受けた岩手、宮城、福島の東北3県と16年に熊本地震に見舞われた熊本県の子どもたちを招待する方針を明らかにした。大会の開催理念である「復興五輪」の取り組みの一つとして実施する。同日に開かれた大会組織委員会、都、東北3県、政府などによる被災地復興支援連絡協議会で報告した。

 招待するのは各県のジュニア選手を想定し、競技を観戦するだけでなく、選手との交流やボランティアを体験する機会なども設ける。今後、日本オリンピック委員会などにも協力を要請し、各県と協議して具体的な計画を固める。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.