天気予報を見る
 
新聞購読申込

選手への性的虐待、調査費2倍に/米国オリンピック委員会

2019/02/07 11:47

 体操の女子選手に性的虐待をした米国体操協会の元チームドクター、ラリー・ナサル被告(AP=共同)
 体操の女子選手に性的虐待をした米国体操協会の元チームドクター、ラリー・ナサル被告(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】米国オリンピック委員会(USOC)が五輪選手への性的虐待に関する調査の年間費用を、これまでの2倍の620万ドル(約6億8千万円)に増額すると6日、米議会上院財政委員会のグラスリー委員長(共和党)が明らかにした。ロイター通信が伝えた。

 米国では体操協会の元チームドクターが治療目的と偽って性的虐待したとして、五輪金メダリストら350人以上の女子選手が証言する問題が発生。USOCが昨年12月に発表した第三者による調査結果で、体操協会とUSOCが情報を得ていながらも調査や懲罰に積極的ではなかったことが指摘されていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.