天気予報を見る
 
新聞購読申込

国際陸連、競歩の距離短縮提案へ/電子チップ導入も

2019/02/07 10:09

 男子50キロ競歩で競り合う日本人選手
 男子50キロ競歩で競り合う日本人選手

 【ジュネーブ共同】国際陸連は6日、五輪や世界選手権などの競歩の実施種目を、現行の50キロと20キロから30キロと10キロに短縮する案を3月の理事会に諮ると発表した。歩型違反を判定する靴底の電子チップ導入も提案される。承認されれば、2021年1月1日から実施。移行期間も設ける。

 16年リオデジャネイロ五輪で荒井広宙(埼玉陸協)が銅メダルに輝いた男子50キロは東京五輪が最後になる。同種目は競技時間の長さや若者の関心の低さから、一時は東京五輪で除外される懸念もあった。

 男子50キロは日本勢がメダルを獲得してきた有望種目で、強化策の見直しが迫られそうだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.