天気予報を見る
 
新聞購読申込

五輪、花のもてなしへ児童種まき/会場入り口飾る

2019/05/24 12:34

 東京五輪・パラリンピックの競技会場入り口に鉢植えを並べるプロジェクトで、花の種まきをする子どもたち=24日午前、東京都江東区
 東京五輪・パラリンピックの競技会場入り口に鉢植えを並べるプロジェクトで、花の種まきをする子どもたち=24日午前、東京都江東区

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は24日、競技会場入り口の手荷物検査エリアに花の鉢植えを並べるプロジェクトに向け、都立臨海青海特別支援学校の児童によるアサガオの種まきの様子を報道陣に公開した。今回育った花は、7月のビーチバレーのテスト大会で活用する。

 第1弾となった種まきは江東区の同校で行われ、25人が参加。楽しそうな様子で鉢に土と種を入れ、水やりもした。

 組織委は、手荷物検査エリアの入場者の列をつくる金属製の仕切りなどの代わりに、子どもたちのメッセージを添えた鉢植えを並べ、選手や観客をもてなす。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.