天気予報を見る
 
新聞購読申込

ボクシングの東京五輪存続を楽観/国際協会、IOCと会合

2019/05/21 07:51

 【ジュネーブ共同】2020年東京五輪の実施競技からボクシングが除外の危機にある問題で、国際協会(AIBA)は20日、国際オリンピック委員会(IOC)の調査委員会に改革の状況を報告した。IOCは別団体に五輪の準備や運営を任せる可能性に言及しているが、AIBAのムスタサン会長代行は五輪存続と統括団体継続を「楽観視している」と述べた。

 IOCは22日の理事会でAIBAの財政状況やガバナンス(組織統治)を検証してきた調査委の最終報告を受ける予定で、処遇の判断に注目が集まる。IOCは東京五輪に向けたボクシングの準備を凍結中。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.