天気予報を見る
 
新聞購読申込

ドローン禁止、五輪警備に後押し/規制法成立、飛行禁止エリア焦点

2019/05/17 17:16

 小型無人機ドローンによる自衛隊施設上空などの飛行禁止を盛り込んだ改正ドローン規制法が17日の参院本会議で成立した。2020年東京五輪・パラリンピックの大会期間中は競技会場の上空も取材メディアを除いて飛行禁止となり、警察当局には強制排除が認められる。テロなどへの備えに万全を期す狙いがあり、大会の警備対策の大きな後押しになりそうだ。

 現行の航空法でも住宅密集地やイベント会場の上空などの飛行は規制されているが、排除する規定がなく取り締まりに限界があった。

 具体的な飛行禁止エリアは競技会場の建物、マラソン・コースや、セーリングの水域上空などになる見通し。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.