天気予報を見る
 
新聞購読申込

設営中の仮設スタンド公開、釜石/岩手、ラグビーW杯会場

2019/05/17 12:41

 仮設スタンドの設営状況が公開された「釜石鵜住居復興スタジアム」=17日午前、岩手県釜石市
 仮設スタンドの設営状況が公開された「釜石鵜住居復興スタジアム」=17日午前、岩手県釜石市

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の試合会場の一つ「釜石鵜住居復興スタジアム」(岩手県釜石市)で、仮設スタンドの設営状況が17日、報道陣に公開された。W杯に向け、約1万席の設置を進めている。

 この日は、大型クレーン2台で、仮設スタンドの骨組みを造る作業を行った。今後は、大型スクリーンなども順次整備する。

 スタジアムはW杯の全国12会場で唯一の新設会場。東日本大震災の津波で全壊した小中学校の跡地に建設した。昨年7月に完成した常設スタンドと合わせ、約1万6千席を設ける。仮設スタンドの設営は6月末に完了する予定。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.