天気予報を見る
 
新聞購読申込

大倉山にジャンプ台新設へ、札幌/30年冬季五輪招致で検討

2019/04/25 11:45

 大倉山ジャンプ競技場=札幌市
 大倉山ジャンプ競技場=札幌市

 2030年の冬季五輪・パラリンピックの招致を目指す札幌市が、1972年に札幌冬季五輪の会場となったスキーの大倉山ジャンプ競技場(同市中央区)に、現在あるラージヒルのジャンプ台に加え、新たにノーマルヒルを整備する案を検討していることが25日、市への取材で分かった。

 実現可能と判断すれば、今秋にも公表する五輪の開催概要計画案にも反映させる方針。大会の運営効率化を図り、30年冬季五輪の招致に弾みをつけたい考え。

 大倉山ジャンプ競技場では現在、ラージヒルの各種大会が行われている。一方、ノーマルヒルの大会は宮の森ジャンプ競技場(同)で行われている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.