天気予報を見る
 
新聞購読申込

SA認定式に瀬戸、阿部ら/JOC、五輪へ機運向上習う

2019/04/16 17:26

 シンボルアスリートの認定式に出席した(左から)瀬戸大也、小平奈緒、高木美帆、宇野昌磨、登坂絵莉、三宅宏実、阿部一二三=16日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター
 シンボルアスリートの認定式に出席した(左から)瀬戸大也、小平奈緒、高木美帆、宇野昌磨、登坂絵莉、三宅宏実、阿部一二三=16日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター

 日本オリンピック委員会(JOC)は16日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで、選手の肖像権を使ったマーケティング事業の柱となる2019〜20年の「シンボルアスリート(SA)」の認定式を開き、20年東京五輪で活躍が期待される競泳男子の瀬戸大也(ANA)ら7人が出席した。

 7月に世界選手権を控える瀬戸は「いい泳ぎをし、しっかりトップになれるよう頑張る」と決意を新たにした。

 SAは実績や人気の観点で選ばれ、JOCの協賛社がテレビCMなどに起用できる。19〜20年は計11人。東京五輪に向けた機運向上を狙い、05年の開始以来初めて認定式を実施した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.