天気予報を見る
 
新聞購読申込

東京五輪のカヌー会場、8割完成/4月に注水、テスト大会へ

2019/03/26 17:46

 報道陣に公開された、2020年東京五輪に向けて建設中のカヌー・スラローム会場=26日午後、東京都江戸川区
 報道陣に公開された、2020年東京五輪に向けて建設中のカヌー・スラローム会場=26日午後、東京都江戸川区

 東京都は26日、2020年東京五輪に向けて建設中のカヌー・スラローム会場(江戸川区)を報道陣に公開した。水流を生みだす大型ポンプや、流れを変えて渦をつくる障害ブロックが既に設置されるなど、工事の進捗率は81%。開幕まで500日を切る中、4月1日からコース内に水を張り、テストイベントを10月に実施する。

 カヌー・スラローム会場の整備費は約73億円。国内初の人工コースで、全長約200メートル、高低差約4・5メートル、注水すると深さ約1・5メートルとなる。大会ではポンプを使って毎秒約12トンの水を流し込み、コース内の青色ブロックで、変則的な流れをつくり出す。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.