天気予報を見る
 
新聞購読申込

旧五輪聖火台、宮城・石巻に別れ/15年から設置、次は岩手へ

2019/03/24 18:07

 1964年東京五輪の聖火台に点火した室伏広治さん(右)=24日、宮城県石巻市
 1964年東京五輪の聖火台に点火した室伏広治さん(右)=24日、宮城県石巻市

 東日本大震災の津波で大きな被害を受けた宮城県石巻市で、同市に貸し出されてきた1964年東京五輪の聖火台の返還セレモニーが24日、行われた。寒風吹きすさぶ中、2004年アテネ五輪陸上金メダリストの室伏広治さんが、地元の子どもたちと共に恒例の聖火台磨きを行い、トーチで点火。鮮やかなオレンジ色の炎がともり、最後は人気デュオ「ゆず」のライブで、集まった多くの人が別れを惜しんだ。

 聖火台は旧国立競技場の解体工事に伴い、15年6月から石巻市の総合運動公園に移設された。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.