天気予報を見る
 
新聞購読申込

空手など5競技が支援Sランク/東京五輪でスポーツ庁

2019/03/23 19:06

 2020年東京五輪・パラリンピックに向けてスポーツ庁が19、20年度に重点支援する競技として、東京五輪で追加種目となった空手や躍進するバドミントン、お家芸の柔道、レスリング、体操の5競技を最上位のSランクとする方針であることが23日、関係者への取材で分かった。Sランクに次ぐAランクには10競技が選ばれた。

 16年にスポーツ庁が策定した支援方針「鈴木プラン」では19、20年度を「ラストスパート期」と位置付け、メダル獲得が有望な競技をこれまでより重点的にサポートする。Sランクの競技には30%前後、Aランクは20%前後の強化費を増やす方向で今後調整する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.