天気予報を見る
 
新聞購読申込

日本への開催国枠付与に前向き/国際バスケ連盟のバイス理事

2019/03/21 18:30

 国際バスケットボール連盟(FIBA)のインゴ・バイス理事は21日、東京都内で記者会見し、2020年東京五輪での、日本への開催国枠付与に関して「日本のバスケットは急激にいい方向に向かっている。強化だけでなく、普及などで一丸となっている姿勢は、開催国枠につながる」と前向きな見解を示した。男女の5人制、3人制ともに30日にコートジボワールで行われるFIBAの理事会で討議される。

 国際的な実績が乏しかった5人制の男子は21年ぶりにワールドカップ(W杯)予選を突破し、今夏の本大会(中国)出場を決めた。日本協会は、W杯前に8試合の強化試合を組む予定があると明かした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.