天気予報を見る
 
新聞購読申込

五輪終電、午前2時すぎまで/郊外向けは最大1時間半延長

2019/03/15 19:24

 記者会見する東京都の小池百合子知事=15日午後、都庁
 記者会見する東京都の小池百合子知事=15日午後、都庁

 東京都と2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は15日、東京五輪の期間中、観客輸送のため都心部のJR山手線や地下鉄が午前2時すぎまで、郊外に向かうJRや私鉄は午前1時から2時ごろまで終電が繰り下げられると発表した。来年春ごろに具体的なダイヤが決まる。

 都と組織委によると、午後11時以降に競技が終了する8会場で観客の利用が想定される駅の終電も延長する。都心部は1時間半程度、郊外向けは30分から1時間半程度の繰り下げとなる見通し。

 期間は東京五輪の開会式がある7月24日深夜から閉会式の8月9日深夜まで。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.