天気予報を見る
 
新聞購読申込

ジャンプ小林陵4位、表彰台逃す/距離男子の吉田は20位

2019/02/24 01:01

 【インスブルック共同】ノルディックスキーの世界選手権第4日は23日、インスブルックでジャンプ男子ラージヒル(ヒルサイズ=HS130メートル)が行われ、小林陵侑は合計262・0点で4位だった。1回目に133・5メートルを飛んで3位につけたが、2回目は126・5メートルで順位を落とし、表彰台を逃した。

 2回目に最長不倒の135・5メートルを飛んだマルクス・アイゼンビヒラー(ドイツ)が279・4点で初優勝。小林潤志郎は17位、伊東大貴は20位、佐藤幸椰は21位。

 オーストリアのゼーフェルトで行われた距離複合の男子(30キロ)は吉田圭伸の20位が最高だった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.