天気予報を見る
 
新聞購読申込

聖火台、新国立と臨海部に/東京五輪、2カ所に設置へ

2018/12/05 22:59

 2020年東京五輪・パラリンピックの聖火台について、東京都や組織委員会などがメインスタジアムとなる新国立競技場と、都市型スポーツの会場を集めた臨海部の「アーバンクラスター」の2カ所に設置する方向で検討していることが5日、分かった。関係組織トップによる調整会議を年内に開いて方針を固める見通し。

 聖火台を巡っては、開閉会式が行われる新国立競技場の設計段階で、スタンドなどに設置場所が考慮されておらず、関係機関による検討会議が設置された。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.