天気予報を見る
 
新聞購読申込

団体形、男女とも決勝へ/空手世界選手権第3日

2018/11/08 23:35

 【マドリード共同】空手の世界選手権第3日は8日、マドリードで団体が行われ、日本はともに2連覇を目指す男女の形で11日の決勝に進んだ。喜友名諒、金城新、上村拓也の劉衛流龍鳳会の3人で臨んだ男子は初戦の2回戦から全3試合で5―0と圧勝。平紗枝、武儀山舞、石橋咲織の帝京大の3人で臨んだ女子は準決勝でトルコに4―1で勝った。

 組手の女子1回戦は川村菜摘(警視庁)斉藤綾夏(近大)植草歩(JAL)で臨んだ日本がトルコに勝ち、9日の2回戦に進出した。

 団体は2020年東京五輪では実施されない。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.