天気予報を見る
 
新聞購読申込

バレー、日本は3次リーグへ/女子世界選手権

2018/10/12 06:55

 日本―ブラジル 第1セット、スパイクを決める古賀=名古屋市ガイシプラザ
 日本―ブラジル 第1セット、スパイクを決める古賀=名古屋市ガイシプラザ

 日本―ブラジル 第3セット、ボールに飛びつく長岡=名古屋市ガイシプラザ
 日本―ブラジル 第3セット、ボールに飛びつく長岡=名古屋市ガイシプラザ

 バレーボール女子の世界選手権第10日は11日、名古屋市のガイシプラザなどで2次リーグ最終戦が行われ、E組で世界ランキング6位の日本は4位ブラジルに2―3で敗れて7勝2敗となったが、勝ち点差でE組2位になって6強による3次リーグに進んだ。

 日本は荒木(トヨタ車体)のサーブなどで第1セットを25―23で先取。古賀(NEC)の強打などで第2セットも25―16で制したが、第3セットを26―28で失うとその後も21―25、11―15で奪われた。E組はオランダがセルビアに勝ち、8勝1敗で突破が決定。F組はイタリアが前回優勝の米国に勝ち、9戦全勝で1位となった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.