天気予報を見る
 
新聞購読申込

難民五輪選手団、「現実伝える」/東京大会で、UNHCR

2018/10/11 09:56

 【ブエノスアイレス共同】国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)のグランディ高等弁務官は10日、ブエノスアイレスで取材に応じ、2020年東京五輪での結成が決まった「難民五輪選手団」について「海外の惨事が身近ではない日本に、現実を伝える力強いメッセージになる。それこそが東京大会で結成する意義だ」と訴えた。

 取材に同席した国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は東京五輪を東日本大震災からの「復興五輪」と位置づけていることを引き合いに「スポーツが希望、自信をもたらすことが共通点だ」と指摘した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.