天気予報を見る
 
新聞購読申込

バレー男子日本、1次リーグ敗退/世界選手権

2018/09/19 07:52

 バレーボール男子の世界選手権第8日、アルゼンチン戦でスパイクを放つ福沢(右)=18日、フィレンツェ(AP=共同)
 バレーボール男子の世界選手権第8日、アルゼンチン戦でスパイクを放つ福沢(右)=18日、フィレンツェ(AP=共同)

 【フィレンツェ(イタリア)共同】バレーボール男子の世界選手権第8日は18日、イタリアのフィレンツェなどで行われ、1次リーグA組で世界ランキング12位の日本は同7位のアルゼンチンに3―2で勝って2勝3敗の勝ち点5としたが、A組5位で敗退した。

 日本は第1セット、西田(ジェイテクト)のサーブを起点に連続得点を奪い、26―24で先取した。第2セットは相手の攻撃を防げずに20―25で落とし、第3セットは中盤まで大差をつけながら30―32と逆転を許した。第4、第5セットは柳田(ルビン)のサーブが好調で、25―20、15―13で連取した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.