天気予報を見る
 
新聞購読申込

東京五輪で都内にLGBT拠点/国内初、交流や情報発信

2018/09/06 19:51

 東京五輪・パラリンピックの期間中に「プライドハウス東京」を都内に設置することを発表する(左から)杉山文野さん、(1人おいて)松中権さん、野老朝雄さんら=6日午後、東京都千代田区
 東京五輪・パラリンピックの期間中に「プライドハウス東京」を都内に設置することを発表する(左から)杉山文野さん、(1人おいて)松中権さん、野老朝雄さんら=6日午後、東京都千代田区

 2020年東京五輪・パラリンピックの期間中に、同性愛や性同一性障害などの性的少数者(LGBT)の交流、情報発信の拠点となる「プライドハウス東京」を東京都内に設置することが6日、記者会見で発表された。10年バンクーバー冬季五輪以降、こうした施設が開催都市に設けられる事例が増えている。国内では初の試みとなる。

 市松模様の大会エンブレムを手掛けた野老朝雄さんがLGBTの象徴とされる6色レインボーでハウスを表現したロゴを制作。LGBTの理解を深める教育や文化、参加型スポーツイベントを計画しており、複数の企業や団体が連携して運営する形を目指す。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.