天気予報を見る
 
新聞購読申込

五輪に向けドーピング検査員養成/本番さながらに講習会

2018/07/29 16:35

 ドーピング検査員の養成を目的とした講習会で、模擬検査に臨む受講者=29日、東京都港区
 ドーピング検査員の養成を目的とした講習会で、模擬検査に臨む受講者=29日、東京都港区

 2020年東京五輪・パラリンピックに向けたドーピング検査員の養成を目的に、陸上と重量挙げの国際大会を想定した模擬検査の講習会が29日、東京都内で開かれた。会場が競技場という設定で、検体採取を行うドーピング検査室のブースを設け、外国人を含む選手役のスタッフも用意した。66人の受講者は本番さながらの環境で、緊張感を漂わせながら訓練に臨んだ。

 東京大会では短期間に大量の検査を実施するため、検査員の不足が課題となり、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)が国の支援を得て募集、養成に着手した。

 JADAは新たに百数十人を検査員として認定し、計450人程度確保する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.