天気予報を見る
 
新聞購読申込

暑さ対策、サマータイムを/五輪組織委、首相に要望

2018/07/27 19:45

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は27日、官邸で安倍晋三首相と会談し、大会中の暑さ対策として、国全体で夏場だけ時計の針を1〜2時間進めるサマータイム(夏時間)制度の導入のための法整備を要望した。会談後、記者団の取材に応じた森氏によると、首相は「一つの解決策かもしれない」と述べた。

 組織委は選手や観客らを暑さから守るため、路上競技の時間を可能な限り早朝に設定。マラソンは午前7時、男子50キロ競歩は午前6時にスタートする日程で国際オリンピック委員会(IOC)の承認を受けた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.