天気予報を見る
 
新聞購読申込

フェンシング、吉田は2回戦敗退/世界選手権決勝トーナメント

2018/07/22 19:09

 男子サーブル2回戦で敗退した吉田健人=中国・無錫(共同)
 男子サーブル2回戦で敗退した吉田健人=中国・無錫(共同)

 【無錫(中国)共同】フェンシングの世界選手権は22日、中国の無錫で個人2種目の決勝トーナメントが行われ、男子サーブルは吉田健人(警視庁)が1回戦でロシア選手に15―9で勝ち、日本勢でただ一人初戦を突破したが、2回戦で昨年覇者のアンドラス・サトマリ(ハンガリー)に13―15で屈した。

 徳南堅太(デロイトトーマツコンサルティング)と島村智博(警視庁)は1回戦で敗退。女子エペの下大川綾華(テクマトリックス)古俣潮里(本間組)大石栞菜(山九)は1回戦で敗れた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.