天気予報を見る
 
新聞購読申込

新国立競技場の屋根高々と/建設工事は「順調」、祭典の中心

2018/07/18 12:48

 報道陣に公開された、2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場の建設現場=18日、東京都新宿区(魚眼レンズ使用)
 報道陣に公開された、2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場の建設現場=18日、東京都新宿区(魚眼レンズ使用)

 2020年東京五輪・パラリンピックまで2年余りとなる中、日本スポーツ振興センター(JSC)は18日、メインスタジアムとなる新国立競技場の建設工事現場を報道陣に公開した。目玉となる国産木材を用いた屋根は、一部が完成時の建物の高さとなる地上約50メートル地点に設置され、祭典の中心の形が見えてきた。

 JSCは来年11月の完成後、名称を旧競技場と同じ「国立競技場」として運営する方針を明らかにした。工事の進行は現在4割程度で、JSCは「順調に進んでいる」としている。

 開閉会式や陸上競技の会場となるスタジアムの整備は16年12月の着工後、急ピッチで進められている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.