天気予報を見る
 
新聞購読申込

アジア大会聖火がジャワ島到着/発祥の地インドから

2018/07/17 20:18

 聖火の入った容器を手に持つインドネシアのバドミントン五輪金メダリスト、スシ・スサンティさん(中央)=17日、ジョクジャカルタ(共同)
 聖火の入った容器を手に持つインドネシアのバドミントン五輪金メダリスト、スシ・スサンティさん(中央)=17日、ジョクジャカルタ(共同)

 【ジョクジャカルタ共同】インドネシアのジャカルタを中心に8月18日に開幕するアジア大会の聖火が17日、ジャワ島中部の観光地ジョクジャカルタに到着した。第1回大会を開催した発祥の地、インド・ニューデリーで15日に採火された。

 聖火はインドネシア空軍の特別機で輸送され、軍用機5機が護衛する演出で空港に着いた。搭乗していたインドネシアのバドミントン五輪金メダリスト、スシ・スサンティさんが聖火の入った容器を手に持ち、出迎えたジョクジャカルタ特別州知事のハメンクブオノ10世らに手渡した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.