天気予報を見る
 
新聞購読申込

レスリングの太田「最低でも金」/ALSOK勢がアジア大会に抱負

2018/07/12 20:06

 記者会見で意気込みを語るレスリングの太田忍。左は屋比久翔平、右は園田新=12日午後、東京都港区
 記者会見で意気込みを語るレスリングの太田忍。左は屋比久翔平、右は園田新=12日午後、東京都港区

 レスリングや柔道などの世界選手権、ジャカルタ・アジア大会(8〜9月)の代表11人が所属するALSOKは12日、東京都内で記者会見を開き、リオデジャネイロ五輪のレスリング男子グレコローマンスタイル59キロ級銀メダリストで、新階級の60キロ級で世界選手権(10月・ブダペスト)に挑む太田忍は「最低でも金メダルを目標に頑張りたい」と力を込めた。

 男子フリースタイル57キロ級で世界選手権2連覇を目指す高橋侑希は「自分の攻撃的なスタイルを貫きたい」と抱負を述べた。同79キロ級の高谷惣亮は「高谷、半端ない、と言われるような試合をしたい」と意気込んだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.