天気予報を見る
 
新聞購読申込

東京五輪へ、合同会議始まる/準備状況確認、会場を視察

2018/07/10 19:17

 2020年東京五輪の馬術会場となる馬事公苑で、説明を聞くIOC調整委のコーツ委員長(中央)。手前左は大会組織委の森喜朗会長=10日、東京都世田谷区
 2020年東京五輪の馬術会場となる馬事公苑で、説明を聞くIOC調整委のコーツ委員長(中央)。手前左は大会組織委の森喜朗会長=10日、東京都世田谷区

 2020年東京五輪の準備状況を監督する国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会と大会組織委員会などとの第6回合同会議が10日、東京都内で始まった。IOCのコーツ調整委員長や組織委の森喜朗会長、東京都の小池百合子知事らが出席し、会議の冒頭に西日本豪雨の犠牲者らに対して黙とうをささげた。

 午後にはコーツ委員長らが会場となる味の素スタジアムと武蔵野の森総合スポーツプラザ(ともに調布市)、馬事公苑(世田谷区)を視察した。

 会議は3日間の日程。今月中旬にスイスのローザンヌで行われるIOC理事会での承認に向け、競技日程や入場券の販売戦略など幅広いテーマを協議する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.