天気予報を見る
 
新聞購読申込

女子アイスホッケー日本が新体制/飯塚監督「世界トップ4目指す」

2018/07/09 17:11

 就任会見に臨む女子アイスホッケー日本代表の飯塚祐司新監督=9日、北海道苫小牧市
 就任会見に臨む女子アイスホッケー日本代表の飯塚祐司新監督=9日、北海道苫小牧市

 2022年北京冬季五輪に向けた女子アイスホッケー日本代表の飯塚祐司新監督(44)が9日、北海道苫小牧市の白鳥王子アイスアリーナで就任会見を行い、「やり残したことがあるのかなと思った。世界でトップ4を目指せるチームづくりをしたい」と語った。

 飯塚監督は14年ソチ五輪で指揮を執ったが全敗。今年の平昌五輪はコーチとして山中武司前監督を支え、チームは2勝を挙げ8チーム中6位となった。八反田孝行強化本部長は飯塚監督の再任について「山中体制のいいところを継承できる」と説明した。

 日本女子はこの日から新体制で初めての合宿をスタート。8、9月にカナダや北欧へ遠征する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.