天気予報を見る
 
新聞購読申込

東京五輪「風車」イメージのロゴ/組織委の公式文化プログラムで

2018/07/02 17:15

 発表された、2020年東京五輪・パラリンピックの文化プログラムのロゴマーク。右は制作者の野老朝雄さん、左は組織委文化教育委の青柳正規委員長=2日午前、東京都港区
 発表された、2020年東京五輪・パラリンピックの文化プログラムのロゴマーク。右は制作者の野老朝雄さん、左は組織委文化教育委の青柳正規委員長=2日午前、東京都港区

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は2日、同年4月ごろから9月にかけ、日本文化の魅力の発信や共生社会の実現などをテーマに行う一連の公式文化プログラム「東京2020 NIPPON フェスティバル」のロゴを発表した。日本の祭りでなじみ深い「風車」などをイメージしたデザインで、市松模様の大会エンブレムを手掛けた野老朝雄さんが制作。エンブレムと同じ3種類の四角形を計45個組み合わせ、5色で多様性を表現した。

 国や地方自治体と連携したイベントも行う予定で、聖火リレーを契機に全国で盛り上げを図る。12年ロンドン大会では約300のプログラムが実施された。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.