天気予報を見る
 
新聞購読申込

東京五輪、入場券価格は継続協議/有識者会議で論議

2018/05/15 13:29

 建設工事が進む新国立競技場=5月11日、東京都新宿区
 建設工事が進む新国立競技場=5月11日、東京都新宿区

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は15日、入場券の販売戦略に関する有識者会議を開き、五輪開会式の一般販売の最高価格を28万8千円とするなどの組織委案に対し、より価格幅を広げるべきだとする意見が出たため、引き続き協議することになった。座長の加納貞彦早稲田大名誉教授は「結論は出なかった。もっとめりはりを付けようという議論になった」と述べた。

 組織委は多くの人の観戦機会を確保するため、入場券の価格を幅広く設定する方針を示している。一般販売の他に小学生を対象とした千〜2020円の安価な入場券や、富裕層向けの高額チケットも設ける予定。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.