天気予報を見る
 
新聞購読申込

ドーピング対策、今夏始動を提言/東京五輪で、WADA

2018/05/11 11:25

 【ジュネーブ共同】世界反ドーピング機関(WADA)は10日、平昌冬季五輪でのドーピング検査について独立監視チームがまとめた報告書を公表し、2020年東京五輪に向けた国際オリンピック委員会(IOC)への提言として、開幕2年前となる今夏には大会前検査の作業部会を始動させるよう求めた。

 東京五輪はIOCが不正防止を目的に新設した国際検査機関(ITA)が検査の主体を担う予定。報告書は平昌五輪では独立監視チームの提言が生かされなかったと指摘し「ITAと開催国の反ドーピング機関、大会組織委員会による早期の態勢整備と検査実行をIOCは保証するべきだ」とした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.