天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

五輪聖火リレー、被災県は各3日/都道府県別の日数割り当て決まる

2018/04/10 20:20

 東京五輪・パラリンピックの調整会議に臨む(左から)JOCの竹田恒和会長、組織委の森喜朗会長、東京都の小池百合子知事=10日午後、東京都港区(代表撮影)
 東京五輪・パラリンピックの調整会議に臨む(左から)JOCの竹田恒和会長、組織委の森喜朗会長、東京都の小池百合子知事=10日午後、東京都港区(代表撮影)

 全国を巡る2020年東京五輪の聖火リレーで、都道府県別の日数の割り当てが10日、決まった。東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手、宮城、福島の東北3県と、東京都外で複数の種目を実施する千葉、埼玉、神奈川、静岡の4県を3日間とし、開催都市である東京都に15日間、他の39道府県には2日間が配分される。計114日で、これに移動日を加えたものが総日数になる。同日、開催準備に関わる主要機関のトップによる調整会議で了承された。

 聖火リレーの実施前に、ギリシャで採火した火を「復興の火」として岩手、宮城、福島で展示する方針も報告された。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.