天気予報を見る
 
新聞購読申込

宮原、樋口らSPへ調整/世界フィギュア、21日開幕

2018/03/20 23:43

 公式練習で調整する宮原知子(右)と樋口新葉=ミラノ(共同)
 公式練習で調整する宮原知子(右)と樋口新葉=ミラノ(共同)

 【ミラノ(イタリア)共同】フィギュアスケートの世界選手権は21日、イタリアのミラノで開幕する。20日に公式練習が行われ、21日の女子ショートプログラム(SP)に向け、平昌冬季五輪4位の宮原知子(関大)と樋口新葉(東京・日本橋女学館高)が本番リンクで調整し、ジャンプを入念に確認した。

 宮原は「平昌の時以上の演技ができればメダルも目指せると思う。そのために気持ちの面やスケートの調子も合わせないといけない」と語った。

 男子は22日にSPが組まれており、五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)は不調の4回転フリップをしきりに跳んだが、精度が上がらなかった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.