天気予報を見る
 
新聞購読申込

平昌パラ、村岡は銅でメダル3個/アルペン、男子の鈴木は4位

2018/03/13 18:34

 女子スーパー複合座位で銅メダルを獲得した村岡桃佳の後半・回転の滑走=平昌(共同)
 女子スーパー複合座位で銅メダルを獲得した村岡桃佳の後半・回転の滑走=平昌(共同)

 平昌冬季パラリンピック第5日(13日)アルペンスキーは異なる2種目の合計タイムで競うスーパー複合を実施し、女子座位で村岡桃佳が銅メダルを獲得した。滑降、スーパー大回転に続く、今大会自身3度目の表彰台。日本は競技初日から4日連続のメダル獲得で、今大会5個目となった。

 村岡は前半のスーパー大回転で首位と0秒32差の2位につけ、後半の回転でも2位のタイムをマークした。

 男子座位は鈴木猛史が4位に入った。前半のスーパー大回転は9位だったが、得意とする後半の回転を2位のタイムで滑った。狩野亮は回転で失格し、滑降2位の森井大輝はスーパー大回転で転倒し、途中棄権した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.