天気予報を見る
 
新聞購読申込

スノボ成田、予選1位で決勝Tへ/出来島7位、川除は9位

2018/03/12 14:56

 平昌パラリンピックのスノーボードクロス男子下肢障害予選で滑走する成田緑夢=12日、韓国・平昌(共同)
 平昌パラリンピックのスノーボードクロス男子下肢障害予選で滑走する成田緑夢=12日、韓国・平昌(共同)

 平昌冬季パラリンピック第4日(12日)独立した競技として新たに加わったスノーボードはスノーボードクロス予選を実施し、男子下肢障害で今季のワールドカップ(W杯)年間総合王者の成田緑夢が1位で通過した。同日の決勝トーナメントは予選上位16人が1対1方式で争い、金メダル獲得が期待される。

 男子大腿障害で小栗大地は7位、パラ陸上走り幅跳びの第一人者、山本篤は12位で決勝トーナメントに進んだ。

 ノルディックスキー距離はフリー走法で争う長距離レースを行い、立位の女子15キロで4大会連続出場の出来島桃子は7位。男子20キロで17歳の川除大輝は9位だった。(共同)

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.