天気予報を見る
 
新聞購読申込

世界スピード、中村奨が20位/22歳ルストが初の総合優勝

2018/03/12 00:45

 【アムステルダム共同】スピードスケートの世界選手権最終日は11日、アムステルダムの屋外特設リンクで男子の後半2種目が行われ、中村奨太(ロジネットジャパン)は総合20位だった。1500メートルで1分53秒57の16位に終わり、8人による最終の1万メートルに進めなかった。

 22歳のパトリック・ルスト(オランダ)が154・547点で初の総合優勝。3種目を終えトップだったスベレルンデ・ペデシェン(ノルウェー)は1万メートルで転倒して総合2位、4連覇を目指したスベン・クラマー(オランダ)は4位に終わった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.