天気予報を見る
 
新聞購読申込

スキーの渡部暁、五輪直前に骨折/左の肋骨、本人は明かさず

2018/02/23 00:35

 【平昌共同】平昌冬季五輪のノルディックスキー複合個人ノーマルヒルで、2大会連続の銀メダルに輝いた渡部暁斗が、五輪直前に左肋骨を骨折していたことが分かった。全日本スキー連盟(SAJ)が22日、明らかにした。

 SAJによると、2日に長野県白馬村で行われたワールドカップ(W杯)白馬大会の公式練習の飛躍で着地に失敗し、転倒した際に骨折した。渡部暁は転倒の翌日に「(痛みは)気にならないぐらい」と話しており、五輪中も明らかにしなかった。平昌では個人ノーマルヒル、同ラージヒル、団体の全3種目に出場した。

 渡部暁はシーズン開幕前の昨年11月にも左の肋軟骨を折っていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.