天気予報を見る
 
新聞購読申込

ロシア39選手の裁定、1日発表/平昌五輪・参加資格でCAS

2018/01/31 21:35

 【ジュネーブ共同】スポーツ仲裁裁判所(CAS)は31日、2014年ソチ冬季五輪のドーピング再検査に関わる国際オリンピック委員会(IOC)の処分を不服としてロシア選手が提訴した問題で、聴取した39人の裁定結果を2月1日に発表すると明らかにした。五輪から永久追放となった選手は2月9日に開幕する平昌五輪までの資格回復を求めている。

 提訴したのはボブスレー男子で2個の金メダルを獲得したアレクサンドル・ズブコフ選手や、スピードスケート女子500メートルの銀メダリストだったオリガ・ファトクリナ選手ら。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.