天気予報を見る
 
新聞購読申込

ラグビーNZ監督が大分会場視察/2019年W杯に向け

2018/01/30 15:40

 会場の視察後、取材に応じるラグビー、ニュージーランド代表のスティーブ・ハンセン監督=30日、大分銀行ドーム
 会場の視察後、取材に応じるラグビー、ニュージーランド代表のスティーブ・ハンセン監督=30日、大分銀行ドーム

 ラグビー、ニュージーランド代表「オールブラックス」のスティーブ・ハンセン監督が2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の会場となる大分市の大分銀行ドームを30日、視察し「控室が広く、芝生の状態も良い」と印象を話した。

 3連覇の期待がかかるW杯については「まずは勝つこと。そして、できるだけ日本人と話して文化を学びたい。日本のラグビーファンの前で試合ができるのを楽しみにしている」と笑顔で抱負を述べた。

 大分銀行ドームでは、ニュージーランド代表の試合を含む1次リーグの3試合と準々決勝2試合が開催される。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.