天気予報を見る
 
新聞購読申込

ロシア選手団認めず個人出場容認/平昌パラ参加問題

2018/01/29 19:50

 【ボン(ドイツ)共同】国際パラリンピック委員会(IPC)は29日、国ぐるみのドーピング問題を抱えるロシアの平昌冬季パラリンピック参加問題について同国選手団としての参加は認めず、条件を満たした選手が「中立選手」として個人資格で出場することを容認すると発表した。ロシア・パラリンピック委員会(RPC)への資格停止処分は継続する。

 スキーのアルペン、距離、バイアスロン、スノーボード、車いすカーリングに、30〜35人の出場を見込んでいる。「中立選手」のロシア国旗、国歌の使用は禁じ、表彰式などでパラリンピック旗、パラリンピック賛歌を使う。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.