天気予報を見る
 
新聞購読申込

五輪、南北合同チームが本格始動/ホッケー女子

2018/01/28 19:09

 初めて南北合同で練習するアイスホッケー女子の選手=28日、韓国中部・鎮川(大韓体育会提供・共同)
 初めて南北合同で練習するアイスホッケー女子の選手=28日、韓国中部・鎮川(大韓体育会提供・共同)

 【ソウル共同】平昌冬季五輪で南北合同チームを結成するために韓国入りした北朝鮮のアイスホッケー女子選手らが28日、初めて韓国選手と一緒に練習を行い、合同チームが本格始動した。

 北朝鮮選手は26日から練習を始めたが、チームの指揮を執る韓国代表監督が北朝鮮選手の技量を把握したいとして、これまで南北が別々に練習していた。

 聯合ニュースによると、28日は南北の選手計35人を2チームに分けて練習した。ミニゲームなども実施したという。

 合同チームは2月4日にスウェーデンと練習試合を行い、実戦での連係を確認した上で大会初戦となる10日のスイス戦に臨む。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.