天気予報を見る
 
新聞購読申込

男子回転の湯浅は33位に後退/滑走順に反映のランク

2018/01/24 09:42

 アルペンスキー男子回転の湯浅直樹=2017年12月、阿寒湖畔
 アルペンスキー男子回転の湯浅直樹=2017年12月、阿寒湖畔

 【シュラートミング(オーストリア)共同】アルペンスキーのワールドカップ(W杯)男子回転は23日、平昌冬季五輪前の日程を終え、出走順に反映される種目別のW杯スタートリストランキングで湯浅直樹(スポーツアルペンク)は33位に後退した。31位から下は国際スキー連盟(FIS)得点などの条件を満たさなければ国・地域枠以外では出場できない。

 同ランキングは五輪の滑走順にも適用されるが、五輪は1カ国・地域の出場枠に上限(1種目4人まで)があるため、湯浅は30番以内に繰り上がる見通し。湯浅は負傷している左膝の回復を優先するため、W杯の直近2試合を欠場した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.