天気予報を見る
 
新聞購読申込

新国立、全都道府県の木材を活用/軒、ひさし部分に

2018/01/22 19:51

 新国立競技場で使う木材について説明する隈研吾氏=22日、東京都港区
 新国立競技場で使う木材について説明する隈研吾氏=22日、東京都港区

 日本スポーツ振興センター(JSC)は22日、2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場の軒やひさしの部分に使う木材を、全47都道府県から調達すると発表した。デザインを手掛けた建築家の隈研吾氏は記者会見で「北海道から沖縄まで、全国の人々の心が一つになるように」と説明した。

 木材は競技場の北側から南側にかけて、都道府県の位置を反映する形で配置する。

 19年11月に完成予定の新国立競技場は今年2月から、最難関とされる屋根の工事が始まる。全国の木材を使う軒やひさしの工事は3月末から始まる予定。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.