天気予報を見る
 
新聞購読申込

平昌に自動掃除ロボットが登場/五輪期間中はガイドも

2018/01/22 18:19

 韓国・平昌冬季五輪のメインプレスセンターで稼働を始めた、雪だるまのような形のお掃除ロボット=22日(共同)
 韓国・平昌冬季五輪のメインプレスセンターで稼働を始めた、雪だるまのような形のお掃除ロボット=22日(共同)

 【平昌共同】平昌冬季五輪のメインプレスセンターに22日、雪だるまのような形の自動掃除ロボットが登場した。作動時には頭部のランプが点灯し、足元のほうきが回転してごみを集める。高さ約1メートル、重さ約140キロで2台が1日に数回、稼働する。

 大会組織委員会によると、今大会では情報通信技術(ICT)をテーマに掲げており、昨年12月には人型ロボットが聖火リレーのランナーを務めた。大会中は競技会場や選手村での情報提供やガイド、飲料を配るなど11種類、85体のロボットが稼働する予定という。

 組織委の担当者は「楽しみにしてほしい」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.