天気予報を見る
 
新聞購読申込

五輪マスコット、5千校超が投票/締め切りまで、あと1カ月

2018/01/22 12:29

 「マスコット投票授業」終了後、児童たちと記念写真に納まる(手前右から)元五輪選手の伊藤華英さん、元パラリンピック選手の田口亜希さん=22日午前、千葉市
 「マスコット投票授業」終了後、児童たちと記念写真に納まる(手前右から)元五輪選手の伊藤華英さん、元パラリンピック選手の田口亜希さん=22日午前、千葉市

 2020年東京五輪・パラリンピックの大会マスコットを選ぶ全国の小学校の学級単位の投票は22日、締め切りまで1カ月となり、大会組織委員会は5141校の6万105学級(19日午前時点)が投票を終えたと発表した。参加登録をした学校は1万3985校で、対象となる約2万1千校の7割に迫る状況となった。

 同日、千葉市の都小学校で「マスコット投票授業」が報道陣に公開され、競泳で五輪に出場した伊藤華英さん、パラリンピックに射撃で出た田口亜希さんも参加した。

 最終候補3作品のうち、候補「ア」は五輪、パラリンピックとも大会エンブレムで採用された日本伝統の市松模様が特徴。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.