天気予報を見る
 
新聞購読申込

IOC、ロシア111選手を除外/平昌五輪の個人資格参加可否で

2018/01/20 09:06

 【ローザンヌ(スイス)共同】国際オリンピック委員会(IOC)は19日、2月の平昌冬季五輪に個人資格で参加できるロシア選手の選定で、出場の可能性があるとして予備登録された500人のうち111人を除外したと発表した。残りの389選手も大会前のドーピング検査や過去に採取した検体の再検査で潔白を証明する必要がある。

 過去に違反歴のある選手らが除外の対象。参加を認定された選手の公表は27日以降になるという。AP通信によると、個人資格の「ロシアからの五輪選手」は約200人となる見通し。

 過去に違反に関与したコーチ51人とメディカルスタッフ10人も除外された。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.