天気予報を見る
 
新聞購読申込

ドーピング検査数、ロシアは2倍/平昌五輪前、昨年11―12月

2018/01/19 11:56

 【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)は18日、平昌冬季五輪の大会前ドーピング検査で、国ぐるみの不正が発覚したロシアの選手の昨年11、12月の検査数は他国の2倍だったと明らかにした。国際競技連盟や各国の反ドーピング機関に対して違反の可能性が高い競技、国籍のほか、世界ランキング上位や近年劇的に成績が伸びた選手を集中的に検査するよう求めている。

 IOCによると、61カ国・地域の選手6千人から計1万4千件以上の検査を既に実施。2017年4〜12月に採取した検体数は、16年の同期間と比較して70%増えたという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.