天気予報を見る
 
新聞購読申込

平昌五輪旗手、葛西で最終調整/前回ソチでは日本選手団主将

2018/01/16 01:14

 2月の平昌冬季五輪に出場する日本選手団の旗手の選定で、日本オリンピック委員会(JOC)は、冬季五輪の日本勢で史上最多8度目の代表に決まったノルディックスキー・ジャンプ男子の葛西紀明(45)=土屋ホーム=を充てる方向で全日本スキー連盟と最終調整に入った。複数の関係者への取材で15日分かった。

 葛西は選手団主将を務めた前回2014年ソチ五輪のラージヒルで銀、団体で銅メダル。夏冬合わせた五輪出場回数でも日本勢単独最多となる。

 ただ若手の起用を望む声もあり、スノーボード男子ハーフパイプでソチ大会銀メダルの平野歩夢(19)=木下グループ=らも候補に挙がっている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.