天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

テネルが首位、長洲が2位/全米フィギュア女子SP

2018/01/04 16:57

 首位のブレイディ・テネル=サンノゼ(ゲッティ=共同)
 首位のブレイディ・テネル=サンノゼ(ゲッティ=共同)

 【サンノゼ(米カリフォルニア州)共同】フィギュアスケートの平昌冬季五輪代表選考会を兼ねた全米選手権は3日、カリフォルニア州サンノゼで行われ、女子ショートプログラム(SP)で19歳のブレイディ・テネルが73・79点で首位に立ち、長洲未来が73・09点で2位につけた。

 2連覇を目指すカレン・チェンが69・48点で3位。2014年ソチ五輪代表のアシュリー・ワグナーは65・94点で5位と出遅れた。5日にフリーを実施する。

 代表は男女ともに3人。今季のグランプリ(GP)ファイナルを初制覇した18歳のネーサン・チェンら男子は4日にSP、6日にフリーに臨む。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.